マルセロ木村 (Guitar&Vocal)

1979年ブラジル サンパウロで音楽一家に生まれ、ギ タリストである祖父の影響にて幼い頃からギターに慣れ親しむ。
タトゥイでMarcos DelHommo, Pacheco よりギターを師事。
若干16歳にして、タトゥイの音楽学校より講師のオファーを受け指導。

個人レッスンやライブハウス·ラジオ·テレビ局などでも演奏を行い、その後ショー ロ·サンバ·ボサノヴァは勿論、ロックやジャズも同等にこなし、それらをクロスオーバーさせた独自のサウンドスタイルを展開。

2009年1月にインストゥルメンタル·サンバ ジャズ·ユニットMISO BANANAを結成し、2010年1月にアルバム『Uirapuru』リリース。
サウンドメーカーとしても国内外の多くの有名アーティストより信頼を受け、サウンド 提供·アレンジ·レコーディングと幅広くサポート。

名古屋にMúsica&Bar Marcelo(ムジカ& バーマルセロ)をオープンさせ国内外の有名アーティスト(小野リサ、パウラ·リマなど)との素晴しいセッション やサウンドをお届けするとともに、若手に活動の場を与え育成にも力を入れる。
日々意欲的に音楽と向き合い、ソロとして世界に向け全国にて活動中。

2013年 10月に、ソロ名義初となるアルバム『Morro Do Urbana』をモーションブルー横浜でリリースLIVE。
2014年6月には、地元、名古屋ブルーノートにて「マルセロ木村CDリリースLIVE」を大成功におさめる。
2016年 活動の拠点を東京に移す。
2018年 渡辺貞夫がメインパーソナリティを務めるNightly Yoursで、バンドメンバーとして番組のレコーディングに参加。
現在、New album ''Samba a Distância''を9月にリリース予定。

www.marcelokimura.jimdo.com

コモブチ キイチロウ (Bass)

1966年東京生まれ、香港育ち。15歳でベースを始める。ジャズ、R&B、ポップス、サンバ、ボサノヴァ、ラテン、フラメンコなど世界中の多くの音楽を経験吸収しながらグローバルな音楽を強く目指している。
渡辺貞夫、渡辺真知子、マリーン、玉置浩二、渡辺香津美、カルロス菅野、小野リサなどコンサートツアー、レコーディングに参加している

石川智 (Drums)

1967年、東京出身。 ブラスバンドでパーカッションを演奏していた兄の影響で 9歳の頃から小学校の音楽部で小太鼓を叩き始める。 中学の頃から地元のロックバンドでドラムを叩き始め、 高校時代はファンク、ソウル、フュージョン、ハードロック等にいそしむ。 大学在学中にラテン音楽に目覚め、その中でも特にブラジル音楽に傾倒。 サンバ、ボサノヴァをはじめ、ブラジルのあらゆる地方のリズム、奏法、 アンサンブルスタイルをマスター。 この頃よりプロとしての演奏活動を開始する。 また、ジャズやシャンソン、カンツォーネ。 ケルト、インド、アフリカ等のルーツミュージック。 ペルー、ボリビア、キューバ、トリニダード・トバゴなどの中南米音楽。 中国、韓国、インドネシアなどのアジア圏の音楽にも精通。 あらゆるジャンルのレコーディング、セッション及び コンサートツアーのサポートミュージシャンとして多忙を極めている。