DJ MITSU (nobodyknows+)

Sigma Sounds Studio / $TAX Records 主宰。
DJ/トラックメイカー/ミキシングエンジニア。
名古屋伝説のクラブ『LUSH』最盛期のレジデントDJ/マネージャーを経て、全楽曲を製作+プロデュースしたnobodyknows+の1stアルバムが80万枚を超える大ヒット、2004年には前代未聞、所属事務所無しでのNHK紅白歌合戦出場。
これまでにベスト盤を含む4枚のフルアルバムを発表。
またサウンドプロデューサーとして、2010年より現在も地元中日ドラゴンズ/チアドラゴンズのオフィシャルテーマソング、ナゴヤドームでの使用楽曲のほとんどを製作/担当し、2012年全映協グランプリを受賞。
愛知県より『あいち音楽大使』を委嘱。
同時に別名義『DJ BlackTiger』としてDisco Re-Edits系のレコードを継続的にリリース、現クラブシーンの最先端とされるドイツ 東ベルリンでもプレイ。
その最新作においてはJuno Records(UK)/DownTown 304(NY)/Pigeon Records(JPN)といったトップクラスのレコード店でのみ取り扱われ、Rub'N'Tug, Scott Grooves, Killer Funk Disco All Starsなど世界的に著名なDJが各国でプレイした事もあり、即日ソールドアウト。
アンダーグラウンドなクラブシーンでも大きな話題となる。