ESPECIALS

泣く子も黙るパンク少年は、大人になってもその勢い止まずキューバ音楽に手を染めた。
夜な夜な集まっては奏でるラテンビートは血と汗と哀愁をまとったgrooveの渦となり、ついに名古屋のラテンpeopleにとって無くてはならない存在となった!