BRAZARD

マルセロ木村

1979年ブラジルサンパウロで音楽一家に生まれ、ギタリストである祖父の影響にて幼い頃からギターに慣れ親しむ。
ラテンアメリカ最大の演劇・音楽学校「Conservatorio Musical e Dramatico Dr. Carlos Campos – Tatui – SP」 にてクラシックギターを学び、Ary Piasarolloよりジャズギターを師事。
若干16歳にして、タトゥイの音楽学校より講師のオファーを受け指導。
個人レッスンやライブハウス・ラジオ・テレビ局などでも演奏を行い、その後ショー ロ・サンバ・ボサノバは勿論、ロックやジャズも同等にこなし、それらをクロスオーバーさせた独自のサウンドスタイルを展開。
2009年1月にインストゥルメンタル・サンバジャズ・ユニットMISO BANANAを結成し、2010年1月に「Uirapuru」リリース。
サウンドメーカーとしても国内外の多くの有名アーティストより信頼を受け、サウンド提供・アレンジ・レコーディングと幅広くサポート。
名古屋にMúsica&Bar Marcelo(ムジカ&バー マルセロ)をオープンさせ国内外の有名アーティスト(小野リサ、パウラ、リマなど)との素晴らしいセッションやサウンドをお届けするとともに、若手の活動の場を与え育成にも力を入れる。
日々意欲的に音楽と向き合い、ソロとして世界に向け全国にて活動中。
2013年10月には、ソロ名義初となるアルバム「Morro Do Urbana」をモーションブルー横浜でリリースLIVE。
2014年6月には、地元、名古屋ブルーノートにて「マルセロ木村CDリリースLIVE」を大成功におさめる。

ダニエル・バエデル

ブラジル サンパウロ生まれ
シルク・ド・ソレイユに8年間、ドラマー兼バンドリーダーとして在籍し世界中をツアー。
2017年から拠点を東京に移す。
世界に認められているドラマー、作曲家、アレンジャーであり、またピアノも同等にこなす。数多くの音楽業績を残してきた彼は4歳までに殆どの楽器に触れる。
世界的に有名な多くのミュージシャンのもとで学んできた。Modern Drummer、Cover Batera、Bateria Totalなど、業界で最も名誉な雑誌に特集される。
2006年には、アメリカ、ヨーロッパ、日本向けのMar Creationと契約を結んだ。 プロデューサーとアレンジャーとして多くのアルバムに参加。
同年にソロアルバム「Abranda Raiva / Daniel Baeder」をリリース。
現在ソロ活動の他に、ギタリスト、マルセロ木村とのduoプロジェクト「BRAZARD」で精力的に活動中。